Ryuko’s

頑張ります!目標はないけれど・・・。

カブトムシの気持ち

こうして、ブログの記事も増えてきたわけなんだけど。

 

振り返ると、あたしって、ほんとに無駄に生きている感じがするなぁ。

 

はぁ~。

 

いろいろ反省するところもあるんだけど、

 

物事を考える際には、相手の立場に立って考えるのって、重要なことだよね。

 

自分だけの視点というのは、とても限定的で、

 

でも、世の中の物事は、多面的にとらえなければならないんだよね。

 

だから、何かを考えるときには、

 

自分の立場に基づく考えというだけじゃなく、

 

ちょっと相手の立場に立って考えてみるというのも、

 

大事だと思うんだ。

 

でも、結局、その場合でもさ、

 

あくまで自分の想像に基づく、相手の立場ということになるわけで、

 

本当の相手の考え、気持ちにあっているとは限らないよという、

 

どこかで謙虚な気持ちも重要だよね。

 

で、長々と、何を書いているんだと言われそうだけど、

 

ちょっと思ったんだけどさ、

 

カブトムシのことなのね。

 

子どものころ、カブトムシを飼っていて、

 

とてもパワフルで元気だったのに、

 

夏が終わると死んじゃう・・・。

 

クワガタは冬を越せるらしいけど、

 

カブトムシはだめなんだよね。

 

そういうこともあって、この時期に、カブトムシのことを思い出したりしたんだけど。

 

 

子どものころに住んでいた家の近くに公園があって、

 

クヌギの木とかもあって、

 

夏休みの朝のラジオ体操の帰りに、

 

カブトムシを見つけることがあったのね。

 

それは、大きいカブトムシのオスで、

 

「わーい!かっこいい!」

 

って喜んで、ケースで飼い始めたんだけど、

 

「一匹じゃ、寂しいよね。かわいそう」

 

っていうことになって、

 

デパートでメスを買ってきて、

 

入れてあげたの。

 

「これで寂しくないよね!」

 

 

そのうち、オスがメスを追いかけて、

 

「わぁ、仲良しになったんだ。よかったよかった」

 

って、すっかりいい気分になったんだけど。

 

・・・でもさ。

 

今になって、ふと、その時のメスの立場に立って考えてみると、

 

いきなり、狭いスペースでオスのいるところに、

 

放り込まれて、迫られるなんて・・・!

 

何だか、人に置き換えると、どーなのよって。

 

 

しかも、裸で放り込まれるなんて。

 

って、もちろん、虫だから裸がデフォルトなんだけど。

 

そもそも、人に置き換えて考えるのがナンセンスかもしれないんだけどさ。

 

でもなぁ。

 

かなり、いや~んな、扱いだったのでは・・・?

 

 

 

うーん、カブトムシの成虫期間は短いし、

 

子孫を残したい欲求があるとすれば、

 

オッケーだったのかな。

 

どーなんだろう。

 

 

しかし、「人に置き換えたときのことを考えると、どーなんだろう?」

 

とか、

 

リアルでは、とても誰かに聞けそうもない。

 

だって、

 

「虫のことで、そんなこと考えてるの~?」

 

とか言われて、ひかれちゃったり、ニヤニヤされたりしたら・・・!

 

「たまってるの?」とか、言われたら、ちょっと立ち直れない・・・。

 

でもなぁ、自分で調べるにも、何をとっかかりにしたらいいのか、さっぱり・・・?

 

なかなかカブトムシの気持ちは、

 

推し量りがたいですが、

 

オスとメスとで、一対一がいけないんだとすると、

 

もっと増やせばいいのかな?

 

 

オス2匹とメス1匹・・・これは、いけないよね。いや~ん感が倍増。

 

オス1匹とメス2匹・・・なら、メスにとってはいいのかな?

でもさぁ、オス1匹とメス1匹とでラブラブ関係になり、もう1匹のメスがあぶれたら、なんだかかえって可哀そうな・・・他人事じゃない気分(;;)

 

うーん、そうすると、

オス2匹とメス2匹がいいのかも。

 

そうだ、これだぁ!

 

・・・とか、この歳でこんなこと考えて一人で納得しても、

どーにもならないんだけど。