Ryuko’s

頑張ります!目標はないけれど・・・。

長く続いた夫婦

昨日に続いて実家より。

 

朝食が終わって、

 

ぼーっとしてたら、

 

テレビを見てる父のところに、

 

母がパンフレットをもって近づいて。

 

印鑑のパンフレットなんだけど、

 

それを広げてさ。

 

「水牛にしようかしら、象牙がいいかしら、

柘もあるね...」

 

とか、限りなくどうでもいい話がはじまって。

(干支のトリがどうだとか、カブトムシのメスの気持ちがどうだとか、ブログに書いてるお前が言うな、ですよね...)

 

その時の父の対応が絶妙。

 

顔をテレビとパンフレットの中間ぐらいの角度に向けた状態で、

 

「うん」

 

「うーん?」

 

「そうだね」

 

「...なんじゃないの?」

 

一応聞いてますよという姿勢を示すための相槌みたいなんだけど、

時々疑問形を織り交ぜている!

 

それも、うっかり変なボタンを押すと、

印鑑話にどっぷり巻き込まれかねないので、

そうならない感じの浅さの疑問に抑えている...

 

そのうち母は自分で答えを導き出して納得してました。

 

長く続いた夫婦の光景でした。