Ryuko’s

不定期に復活します。

いや、これはたしなみですから~(;'∀')

お正月の2日。

 

仕事の方で、

 

非常事態対処要員として呼び出される心配がなさそうだったので、

 

実家に顔を出しに行きました。

 

 

やっぱり、自分の育った町は、どこか空気も違うような。

 

ゆっくり時間があれば、のんびり気分にひたってしまいそう。

 

今日は日帰りなんだけどね。

 

 

さて、実家に帰って改めて思ったのは、

 

大きな鏡があって、いいなぁってこと。

 

特に玄関に大きな鏡があると、

 

お出かけ前のチェックができていいよね。

 

 

もちろん、あたしの今住んでいるところにも、

 

洗面台やお風呂場には大きな鏡があるし、

 

手鏡もあるんだけどさ、

 

服を着た状態で、全身が映る鏡がないんですね(買えばいいのかもだけど)。

 

そんなわけで、

 

今日は実家にて、鏡の前で、いろいろなポーズを映して堪能。

 

 

 

 

・・・ここからは、ちょっと小さい声で話すような話なのですが、

 

実は、今あたしが住んでいる環境でも、大きな鏡はあるんです。

 

それは、マンションのエレベーターの奥に掛けてある鏡!

 

全身が映るし、鏡までの距離もある程度あるので、

 

道端を歩くあたしの姿(他の人の目に映る自分の姿)が、

 

リアルに確認できるんです!!

 

 

引っ越して間もないころ、

 

「これはいいや♪」と思って、

 

にっこり笑顔とか、セクシーな感じの流し目とか、

 

いろいろ、やってしまったことがあるのですが・・・。

 

 

実は、このエレベーターには、カメラが付いているのですね。

 

で、そのカメラの映像が1階のエレベーター前のモニターに

 

映し出されるという仕組みになっているんです・・・!!

 

 

あたしは、なんて、おバカなんでしょう・・・・。

 

一階について、ドアが開いたとき、待っている人がいるってことも、

 

結構あったし。

 

あ、でも、モニターなんか見たって、それで待ち時間が変わるわけでもないから、

 

みんな、案外と見ていないかもしれないよね。

 

たぶん・・・。

 

 

えっとね、「葉隠」という江戸時代中期の書物に、

 

こんな一節があるそうですよ。

 

「風体の修行は、不断鏡を見て直したるがよし。これ秘蔵の事なり。

諸人鏡をよく見ぬゆゑ、風体わろし。」

 

 

そうなんです、これは修行なんです。

 

あくまで、たしなみですから~・・・と、

 

心の中で言い訳。

 

 

あたしだけじゃないといいんだけど・・・。