Ryuko’s

不定期に復活します。

こっそりやってしまう

もう2月になりましたね。

 

2月は寒い。

 

日照時間は長くなってきたけど、

 

これから3月まで、

 

寒い日が続くんだろうなぁ。

 

それでもう、こんな時期なので、


今更なんだけどさ。

 

年末年始って、

 

テレビを見る時間が結構あったりしませんか?

 

普段は、ニュースと天気予報ぐらいなんだけど、

 

家にいる時間が長いと、

 

ついつい見てしまう。

 

それで、

 

へぇ~、今は、こんな歌が流行ってるんだぁ。

 

とか。

 

社会人になってから、

 

すっかり疎くなってしまったかも。

 

 

それで、

 

この前の年末年始では、

 

「かもん・べいびー・あめりか」

 

という曲が随分流れていた気がする。

 

片足でぴょんぴょん跳ねながら、手をぶんぶん振り回すという

 

独特なダンスが、非常に印象的。

 

 

でも、あたしの悪い癖で、ついつい、いろいろ考えてしまう・・・。

 

「かもん・べいびー・あめりか」って、どういう意味なんだろう・・・。

 

アメリカの人が聞いたらどう思うのかな?

 

日常生活で、こういう疑問を口にすると、

 

何か変なこと言ってるー・・・という冷たい目で見られたりするので、

 

あまり言いませんが。

 

 

世界的に見ると、日本人って、相対的に、子どもっぽい顔かもしれないんだけど、

 

そんな日本人に、「べいびー」とか言われて、どうなんだろうね。

 

「かもん・べいびー・あめりか」の「あめりか」を外の国名に入れ替えると、

 

「ちゅうごく」、「かんこく」・・・

 

うーん、語呂があまりよくないし、どうも違和感が。

 

4文字で、「フランス」、「アラスカ」とかどうかな。

 

でも、何でフランス?何でアラスカ?って、感じになるよね。

 

そう考えると、アメリカって、語呂もいいし、「何で?」感も少ないというか、

 

なかなかいいチョイスなのかもしれない。

 

いろいろ考えてみて、「アフリカ」というのも、なかなかいいと思いましたよ。

 

アメリカ」と1字違いだし、リズム的にはぴったり。

 

「何で?」感はあるんだけど、なんか、あのダンスにも合うような気がする。

 

 

そんなことを考えていると、一人だけのとき、誰も周りにいないのを確認して、

 

あのダンスをやってみたんですよ。

 

あれっ、なんか結構むずかしいぞ!!!

 

テレビで見たのは、もっと小刻みにジャンプしてるんだけど、

 

上手くできない。

 

手の降りって、こんなだったっけ???

 

 

しばらく試行錯誤。